転職先の企業や業種について情報収集をする

転職を決心して、ある程度応募先をピックアップしたら、その企業に関する情報をなるべくたくさん調べるようにします。会社説明会や職場見学があれば、ぜひ参加するようにしましょう。転職サイトへ登録するのも有効な手段です。

 

大手の企業等であれば、必ず転職サイトに求人を掲載した実績があるはずですので、口コミ等の情報が掲載されています。よく転職サイト内にある口コミですが、実際に働いた事がある方や応募をした事ある方が生の声を書込みしています。レポート形式で企業ごとの情報を分かりやすく掲載している所も多く、自分が気になった情報を一目で見つける事が出来ます。

 

残業が多いかどうか、昇給の有無、将来性、社員の男女比や年齢構成等、多くのデーターがあり、どのような職場環境であるかがイメージがしやすいです。また、転職サイトのいい所は、過去に扱ったある企業の面接内容や選考基準等の統計を取っている為、より効率の良い転職活動ができます。仕事をしながら転職先を探している方も多く、なかなか時間を割く事が出来ないのが現状です。転職サイトは自宅に居ながら、複数の企業の情報を多く手に入れる事が出来ます。

 

1人1人専属の担当者が付きますので、不明点や聞きたい事を質問しやすいです。できれば、転職サイトは複数登録をしておくようにします。それぞれで扱っている情報が異なりますし、同じ企業であっても応募を出す転職サイトが時期毎に変えているケースもありますので、それだけ希望の転職先に就職できるチャンスにも恵まれます。

 

 

職務経歴書についてアドバイスをもらう
(英文レジュメの添削もOK)

 

関連ページ

転職活動を開始するにあたって自己分析、適性診断を行う
転職活動を開始するにあたって、まずはしっかり自己分析を行っておくとよいでしょう。有料のかなりしっかりした適性検査や適性診断のツールも多数ありますし、あとは見逃せないのがリクルートのリクナビNEXTなどで会員に提供されている適性診断ツールです。無料の会員登録ですぐに実施できますので、これは使わない手はないですね!
過去に転職歴がある方は退職した理由をまとめてみる
過去に転職歴がある方は退職した理由をまとめてみる
転職サイトを活用する
転職サイトを活用する
あらゆる企業の会社説明会に参加する
あらゆる企業の会社説明会に参加する
転職理由の優先順位を整理しておく
転職理由の優先順位を整理しておく