転職理由の優先順位を整理しておく

転職を決意したら、まず何がきっかけで転職を考えるようになったのかを書き出しておきます。何故かといいますと、頭で思っているだけでは、転職の目的がぶれるからです。

人間の感情や考えは時間が立てば変化していきます。そうなると、色々な雑念が生じてしまいます。転職を決意し、何カ所か応募先をピックアップする事となりますが、応募先の条件に気持ちが揺らいでしまい、その揺らいだ状態で転職先を見つけてしまい、また転職先で同じような理由で転職を繰り返してしまう事になるパターンが非常に多いです。

転職の目的をまず書き出しておく事で、転職活動の振り返りが出来ます。そして、転職先としてこれだけは譲れないという事をいくつかピックアップして書き出しておきます。転職先を探すのは、これらを書き出してから探すようにします。先に転職先を探してしまうと、何故転職したくなったのか分からなくなります。人間の頭は、最初に入った情報が強く印象に入ります。まず転職条件として優先したい情報を最初にインプットする事が重要です。

それから転職先を探す事で、自分が何故転職したいのかが常に頭の中にインプットされている為、転職先を効率良く探す事ができます。もし自分に合った転職先がなければ、もう少し機を伺ってみようかという判断も冷静にできますので、無駄な転職を防ぐ事ができ、余分な労力や時間を浪費する事がありません。書き出す事によって、自分の頭の中も整理しやすい為、面接や履歴書で考えなければならない志望動機もまとまりやすくなります。

 

職務経歴書についてアドバイスをもらう
(英文レジュメの添削もOK)

 

関連ページ

転職活動を開始するにあたって自己分析、適性診断を行う
転職活動を開始するにあたって、まずはしっかり自己分析を行っておくとよいでしょう。有料のかなりしっかりした適性検査や適性診断のツールも多数ありますし、あとは見逃せないのがリクルートのリクナビNEXTなどで会員に提供されている適性診断ツールです。無料の会員登録ですぐに実施できますので、これは使わない手はないですね!
過去に転職歴がある方は退職した理由をまとめてみる
過去に転職歴がある方は退職した理由をまとめてみる
転職サイトを活用する
転職サイトを活用する
あらゆる企業の会社説明会に参加する
あらゆる企業の会社説明会に参加する
転職先の企業や業種について情報収集をする
転職先の企業や業種について情報収集をする