60代過ぎてからの転職活動について

60歳を過ぎてからの転職ですが、これは年金が受給できる年齢までのつなぎとして仕事を探す方が大半を示します。若しくは長年管理職を努めてきた方が、引き抜きなどで嘱託社員や会社役員として活躍される方も多いです。ひと昔前は60歳で定年を迎えるケースがほとんどでしたが、少子化の影響により、年金の受給開始年齢を引き上げないと、国の財産が確保できないという事もあり、定年も65歳に引き上げられている状態です。近い将来には、定年70歳になるとも言われています。ほとんどの企業は65歳に引き上げられておりますが、中には定年を設けていない企業もあります。

また、シルバー人材センター等の長年の経験を生かす事が出来る就職斡旋機関等も多くなってきました。これらは、継続して働くというよりは、派遣登録のようなもので、単発であったり、期間限定で働いたり、非常勤として働く等、様々な勤務形態を選ぶ事が出来ます。体力に無理が利かなくなってきますので、フルタイムは難しいかもしれませんが、全く働かないよりは、かえって意欲的になりやすく、健康維持にも繋がります。

60代は仕事の幅が狭まるのではないかと感じる方がいるかもしれませんが、社会経験が豊富という事から、様々な企業や、行政機関等から声がかかり、今まで経験したことが無いような仕事に巡り合う可能性は高いです。そして今後は少しでも労働人口を増やすがために、行政機関だけではなく、企業自体も60歳代の雇用に対して積極的になっている傾向でありますので、求人数は、増加傾向になるかと思われます。

 

職務経歴書についてアドバイスをもらう
(英文レジュメの添削もOK)

 

関連ページ

第二新卒者の転職活動について
第二新卒者の転職活動について
結婚をきっかけに転職活動をする場合
結婚をきっかけに転職活動をする場合
育児後の転職活動について
育児後の転職活動についての雑感です。小さかった子どもたちもどんどん成長し、比較的余裕を持てるようになった今、自身のキャリアについてあれこれ思い悩むこともありますね。正直、簡単ではない状況、ここはじっくり時間をかけましょう。あなたの人生ですから。
リストラや倒産をきっかけに転職活動する場合
リストラや倒産をきっかけに転職活動する場合
家族の看護や介護をきっかけに転職をする場合
家族の看護や介護をきっかけに転職をする場合
体調不良等により転職をする場合
体調不良等により転職をする場合
10代の転職活動について
10代の転職活動について
20代の転職活動について
20代の転職活動について
30代の転職活動について
30代の転職活動について
40代の転職活動について
40代の転職活動について
50代の転職活動について
50代の転職活動について