家族の看護や介護をきっかけに転職活動をする場合

転職したいと思って転職される方、そして転職したくないがせざるを得ない状況となったという方、それぞれだと思いますが、親の体調が急に悪くなり、介護が必要になったという理由で仕事先を変えなければならない方も現在増えてきています。今後、1人につき2〜3人の身内を介護しなければならないともされています。

今までは、子が親を介護するというのが当たり前とされていましたが、最近では子でも追い付かず、孫も動員して介護に携わるというケースが増えてきています。近年、超高齢化という背景もあってか、介護休暇制度を設けている企業もかなり増えてきています。確かに介護施設は増えてきていますが、入居設備がある施設は現在どこも満床であり、入居の申し込みをしても数年待たないと入居が出来ないのが普通です。

ではその間どうすればよいかといいますと、在宅で家族が介護をしなければなりません。また介護に要する費用はかなり高額であり、仕事を辞める訳にもいきません。働きながら介護もしなければならず、負担はかかる一方です。仕事の最中に家族の体調に急変が生じ、途中で帰宅しなければならないケースもあります。あまり自分自身に負担がかからないようにしたいので、残業が無く、9時〜17時といった日勤帯勤務が無難です。そして、介護で忙しくても訪問介護やデイサービス等を活用して、仕事はなるべくした方が気分的にも楽と言えます。

世話をするという意味では育児と同じですが、育児は時が立てば、成長とともに手が離れるものの、介護はいつまですればという目途がつかない為、長期戦になる傾向が強く、介護をする本人が精神的疲労を蓄積しがちだからです。

 

職務経歴書についてアドバイスをもらう
(英文レジュメの添削もOK)

 

関連ページ

第二新卒者の転職活動について
第二新卒者の転職活動について
結婚をきっかけに転職活動をする場合
結婚をきっかけに転職活動をする場合
育児後の転職活動について
育児後の転職活動についての雑感です。小さかった子どもたちもどんどん成長し、比較的余裕を持てるようになった今、自身のキャリアについてあれこれ思い悩むこともありますね。正直、簡単ではない状況、ここはじっくり時間をかけましょう。あなたの人生ですから。
リストラや倒産をきっかけに転職活動する場合
リストラや倒産をきっかけに転職活動する場合
体調不良等により転職をする場合
体調不良等により転職をする場合
10代の転職活動について
10代の転職活動について
20代の転職活動について
20代の転職活動について
30代の転職活動について
30代の転職活動について
40代の転職活動について
40代の転職活動について
50代の転職活動について
50代の転職活動について
60代過ぎてからの転職活動について
60代過ぎてからの転職活動について