50代の転職活動について

50代過ぎての転職ですが、40代よりも更に求人数は減っていきます。転職の考えている方にとって節目とされる年齢はまず25歳、次に30歳、35歳、そして40歳とされています。求人案件の中で過半数以上は40歳までという所が多いです。40歳を過ぎるとかなり条件の良い就職先か、かなり条件が悪い就職先のいずれかとなります。

よほどの事が無い限り転職は考えない方が無難ではあります。人材を育てるといいましても、定年まで十数年であり、体力も30代や40代に比べるとかなり衰えてきますし、なかなか無理が利かない年齢であります。

人材として育てようにも、今まで社会人として過ごしてきた年月と、今後定年まで働くであろう残りの年月を比べると、圧倒的に残りの年月が少ない為、今までの仕事に対する考え方やキャリアが染みついている状態です。それが有利になる事もありますが、反対に裏目に出てしまう事もあります。この年代でどうしても転職をしたいというのであれば、今までの豊富な社会経験を生かせる仕事が望ましいと言えます。出来れば今までの経験を生かせる仕事が良いのですが、異業種の場合は、人を相手にした仕事が向いていると言えます。

介護職やサービス業、営業職も良いかと思います。世の中には色々な考えを持った方がおります。長年社会人として過ごしてきた中で、20代や30代の方と異なり、色々なタイプの方達と接してきたかと思いますので、それぞれのタイプに応じたコミュニケーションを取っていく事が出来るというのはかなりの強みではないでしょうか。

 

職務経歴書についてアドバイスをもらう
(英文レジュメの添削もOK)

 

関連ページ

第二新卒者の転職活動について
第二新卒者の転職活動について
結婚をきっかけに転職活動をする場合
結婚をきっかけに転職活動をする場合
育児後の転職活動について
育児後の転職活動についての雑感です。小さかった子どもたちもどんどん成長し、比較的余裕を持てるようになった今、自身のキャリアについてあれこれ思い悩むこともありますね。正直、簡単ではない状況、ここはじっくり時間をかけましょう。あなたの人生ですから。
リストラや倒産をきっかけに転職活動する場合
リストラや倒産をきっかけに転職活動する場合
家族の看護や介護をきっかけに転職をする場合
家族の看護や介護をきっかけに転職をする場合
体調不良等により転職をする場合
体調不良等により転職をする場合
10代の転職活動について
10代の転職活動について
20代の転職活動について
20代の転職活動について
30代の転職活動について
30代の転職活動について
40代の転職活動について
40代の転職活動について
60代過ぎてからの転職活動について
60代過ぎてからの転職活動について