40代の転職活動について

40代となれば、30代よりさらに求人の数が減ってきます。また条件の良いところとなれば、ほとんどが管理職としての募集している所となります。大卒で就職した場合、社会人経験も20年近くになりますので、まともに仕事をしておれば、それなりの経験や知識、能力は持っているはずであり、仕事に対するプライドや理念というものも持ち合わせているものです。

したがって、管理職として戦力になるのは当然という目で企業側も面接時にチェックしていきます。まさに今までの生き方を評価されているようにも思えます。同じような仕事をしてきた方は、スキルアップを図る為の転職であれば大いに結構ですが、人間関係が上手くいかなかった、仕事に対する不満、よい評価をされない等といったマイナス要素が元で転職をしようとしている方は、かなりのハンデを持つ事となります。異業種へ転職したいという方は特に覚悟が必要で、今までの培ったものを捨てなければならないケースも少なくありません。

40代ともなればそれなりのプライドは兼ね備えているとは思いますが、あまりプライドばかりを振りかざすようでは、新天地に行っても上手く仕事をこなしていく事は難しいです。自分より年齢が若い人が上司となる事も珍しくありません。

ちなみに40代過ぎても求人があるのは一般企業では管理職や営業職、他は医療介護職、調理関係、コールセンター、運送関連等ですが、どれも体力面、精神面において、かなり負荷がかかる業種ですので、自己管理はしっかりと行うようにしましょう。

 

職務経歴書についてアドバイスをもらう
(英文レジュメの添削もOK)

 

関連ページ

第二新卒者の転職活動について
第二新卒者の転職活動について
結婚をきっかけに転職活動をする場合
結婚をきっかけに転職活動をする場合
育児後の転職活動について
育児後の転職活動についての雑感です。小さかった子どもたちもどんどん成長し、比較的余裕を持てるようになった今、自身のキャリアについてあれこれ思い悩むこともありますね。正直、簡単ではない状況、ここはじっくり時間をかけましょう。あなたの人生ですから。
リストラや倒産をきっかけに転職活動する場合
リストラや倒産をきっかけに転職活動する場合
家族の看護や介護をきっかけに転職をする場合
家族の看護や介護をきっかけに転職をする場合
体調不良等により転職をする場合
体調不良等により転職をする場合
10代の転職活動について
10代の転職活動について
20代の転職活動について
20代の転職活動について
30代の転職活動について
30代の転職活動について
50代の転職活動について
50代の転職活動について
60代過ぎてからの転職活動について
60代過ぎてからの転職活動について