30代の転職活動について

30代ともなれば、そこそこの社会経験はありますし、中には中堅クラスのポジションで活躍していた経歴を持つ方も多いと言えます。1番の働き盛りの年代ですし、人生の中でも最もお金がかかる年代と言えます。

結婚、出産、子どもの進学、マイホームの購入等、何かと出費がかさむ時期ではあります。また、中には親の介護等で、介護費用の出費がかかる方もおります。30代で転職を考えている方は、より収入を得られる所や収入が安定した所を求めて転職される方が多いです。そして、30代は人生の節目とも言える年代でもあります。

まず最初の節目が35歳であり、求人も35歳を境に大幅に減っていきます。転職は35歳までとも言われ、それ以降はなかなか難しいのが現状です。同業種に転職する場合はまだ大丈夫ですが、全く違う仕事を考えている方は、35歳までに転職するようにしましょう。異業種へ転職した際、新しい事を1から身につける事となりますが、やはり20代の頃に比べると、柔軟性は無くなってきます。

仕事に対する取り組み方や癖、習慣も染みついている為、企業側としても、扱いにくいというのがあるようです。同業種で転職する場合は、よりスキルアップを図る場合以外はなるべく転職はしない方が無難かもしれません。もちろん、倒産となった場合は転職せざるを得ませんが、自己都合の退職に比べると、不本意に辞めざるを得ない状況で、本人に落ち度があったわけではありませんので、採用はされやすいです。

 

職務経歴書についてアドバイスをもらう
(英文レジュメの添削もOK)

 

関連ページ

第二新卒者の転職活動について
第二新卒者の転職活動について
結婚をきっかけに転職活動をする場合
結婚をきっかけに転職活動をする場合
育児後の転職活動について
育児後の転職活動についての雑感です。小さかった子どもたちもどんどん成長し、比較的余裕を持てるようになった今、自身のキャリアについてあれこれ思い悩むこともありますね。正直、簡単ではない状況、ここはじっくり時間をかけましょう。あなたの人生ですから。
リストラや倒産をきっかけに転職活動する場合
リストラや倒産をきっかけに転職活動する場合
家族の看護や介護をきっかけに転職をする場合
家族の看護や介護をきっかけに転職をする場合
体調不良等により転職をする場合
体調不良等により転職をする場合
10代の転職活動について
10代の転職活動について
20代の転職活動について
20代の転職活動について
40代の転職活動について
40代の転職活動について
50代の転職活動について
50代の転職活動について
60代過ぎてからの転職活動について
60代過ぎてからの転職活動について