第二新卒者の転職活動について

第二新卒というのは、卒業後に1度就職するも、すぐに退職してしまった方や、卒業後就職せずにアルバイト等で生計を立てていた卒業後2〜3年経過した方達を指します。以前は卒業後何年か過ぎた方は中途者でひとくくりにされていましたが、現在学生の就職率が芳しくないという事もあり、就職できない方、出来たとしてもブラック企業であったがために、早期退職をせざるを得ないケース等が多く見受けられます。
そして派遣社員等の期間限定の雇用形態で働いている方がかなり多く、正社員雇用等の長期雇用で採用される率がかなり低いのが現状です。そういう背景があり、第二新卒という位置付けをし、新卒同様に雇用の幅を広げているようです。そのため、第二新卒は一般の中途者よりより良い条件で就職がしやすいと言えます。年齢的にもかなり若い上、新卒と異なり、社会人未経験ではない為、戦力として企業側も育てやすいというのが理由であります。

第二新卒の方は自分の経歴について面接で質問された場合、一般の中途者のように、テクニックにこだわる必要はありません。もちろん、勤務態度に問題があった場合は、十分に反省し、同じ事を繰り返さないようにしなければなりませんが、学生の就職率が良くないという事は企業側も重々承知である為、ブラック企業であったり、希望の職種が無いがためにアルバイトで生計立てていた事については思ったほどマイナスにはならないので、堂々と面接に挑み、意気込みを伝えていけばいいでしょう。

 

職務経歴書についてアドバイスをもらう
(英文レジュメの添削もOK)

 

関連ページ

結婚をきっかけに転職活動をする場合
結婚をきっかけに転職活動をする場合
育児後の転職活動について
育児後の転職活動についての雑感です。小さかった子どもたちもどんどん成長し、比較的余裕を持てるようになった今、自身のキャリアについてあれこれ思い悩むこともありますね。正直、簡単ではない状況、ここはじっくり時間をかけましょう。あなたの人生ですから。
リストラや倒産をきっかけに転職活動する場合
リストラや倒産をきっかけに転職活動する場合
家族の看護や介護をきっかけに転職をする場合
家族の看護や介護をきっかけに転職をする場合
体調不良等により転職をする場合
体調不良等により転職をする場合
10代の転職活動について
10代の転職活動について
20代の転職活動について
20代の転職活動について
30代の転職活動について
30代の転職活動について
40代の転職活動について
40代の転職活動について
50代の転職活動について
50代の転職活動について
60代過ぎてからの転職活動について
60代過ぎてからの転職活動について