20代の転職活動について

20代の転職となると、専門学校、短大、大学を卒業後という事になりますが、最初に就いた仕事をやむなく辞めざるを得なくなり、次の仕事を探すというパターンも多く見受けられます。学校を卒業してから2〜3年以内であれば、新卒同様の扱いで再就職する事が可能となっています。いわゆる第二新卒というのがこれに当たります。長引く不況による就職難から、学生の就職率は90年後半より急激し、それからも下がる一方でした。この数年の間は徐々に就職率は良くなりつつありますが、コスト削減を図っている企業が多く、なかなか条件のよい就職先というものが見つかりません。

仕事自体は選ばなければあるのですが、ひと昔前に比べ、労働条件が悪くなっているのが現状です。中にはブラック企業と呼ばれる所もあり、何も分からないまま就職してしまって、体調を崩すという事も多いです。また、働きたいところが無く、アルバイトをしながらいい所を探している方、派遣社員をしながら転職のチャンスをうかがっている方等、様々です。根性が無いから仕事を辞めてしまう、会社に縛られるのが嫌だからアルバイトをしているという訳ではなく、やむなくこのような状況に置かれているのです。

このような状況で、新卒者以外は、全て一般の中途採用者と同じような扱いというのはあまりにも酷というものです。同じ中途者でも20代後半や30代ともなれば、社会経験もそこそこありますので、即戦力を求めてもいいのですが、第二新卒といわれる方達に即戦力を求めるというのはハンデがかなりありすぎる為、新卒同様に扱うのが妥当という事です。

 

職務経歴書についてアドバイスをもらう
(英文レジュメの添削もOK)

 

関連ページ

第二新卒者の転職活動について
第二新卒者の転職活動について
結婚をきっかけに転職活動をする場合
結婚をきっかけに転職活動をする場合
育児後の転職活動について
育児後の転職活動についての雑感です。小さかった子どもたちもどんどん成長し、比較的余裕を持てるようになった今、自身のキャリアについてあれこれ思い悩むこともありますね。正直、簡単ではない状況、ここはじっくり時間をかけましょう。あなたの人生ですから。
リストラや倒産をきっかけに転職活動する場合
リストラや倒産をきっかけに転職活動する場合
家族の看護や介護をきっかけに転職をする場合
家族の看護や介護をきっかけに転職をする場合
体調不良等により転職をする場合
体調不良等により転職をする場合
10代の転職活動について
10代の転職活動について
30代の転職活動について
30代の転職活動について
40代の転職活動について
40代の転職活動について
50代の転職活動について
50代の転職活動について
60代過ぎてからの転職活動について
60代過ぎてからの転職活動について