10代の転職活動について

現在、少子化という事もあり、大学への進学率はかなり高くなっている傾向でありますが、家庭の事情や自身の希望により中学、高校卒業後そのまま就職する方も多くいらっしゃいます。就職はひと昔前となれば、学歴が高い方が有利だとされていましたが、現在は必ずしもそうとは限りません。といいますのは、大学進学率が高くなっている今、大卒の方はあふれるほどいる訳ですし、最近では大学院卒業の方も急増しています。したがって、学歴だけでは、面接で有利になるという事にはなりません。

では資格を多く取っておいたら有利なのかという事ですが、こちらもそうとは限りません。結局は即戦力があるかどうか、会社にとって役に立つ人材かどうかという所になります。特に美容師や調理師、大工等の技術職については学歴というものは全くと言っていいほど、関係ないと言え、技術が優れているかどうかが勝負となります。10代で仕事に就き、何らかの事情により転職をする場合、なかなか正社員というのは難しいかもしれませんが、将来性がある為、業種の幅はかなり広がります。別の仕事を見つけるもよし、大学や専門学校へ進学するというのもいいでしょう。

経済的に難しければ、通信制や夜間制の大学へ行くという道も開かれており、インターネットが普及している今、自宅に居ながら講義も受けられるようになり、学業に打ち込みながら働く事が出来るという環境がかなり整っており、以前に比べ、現在の10代の方は以前に比べると、かなり進路の幅が広がっているとも言えます。

 

職務経歴書についてアドバイスをもらう
(英文レジュメの添削もOK)

 

関連ページ

第二新卒者の転職活動について
第二新卒者の転職活動について
結婚をきっかけに転職活動をする場合
結婚をきっかけに転職活動をする場合
育児後の転職活動について
育児後の転職活動についての雑感です。小さかった子どもたちもどんどん成長し、比較的余裕を持てるようになった今、自身のキャリアについてあれこれ思い悩むこともありますね。正直、簡単ではない状況、ここはじっくり時間をかけましょう。あなたの人生ですから。
リストラや倒産をきっかけに転職活動する場合
リストラや倒産をきっかけに転職活動する場合
家族の看護や介護をきっかけに転職をする場合
家族の看護や介護をきっかけに転職をする場合
体調不良等により転職をする場合
体調不良等により転職をする場合
20代の転職活動について
20代の転職活動について
30代の転職活動について
30代の転職活動について
40代の転職活動について
40代の転職活動について
50代の転職活動について
50代の転職活動について
60代過ぎてからの転職活動について
60代過ぎてからの転職活動について