転職活動の考え方ややり方について

転職活動は様々な立場で考え方ややり方も異なってきます。
このカテゴリーでは各年代別などプロフィールをセグメントしていろんな立場の人の転職の考え方ややり方などを記事としてまとめています。

例えば油の乗り切った30代の転職と、第二新卒の転職活動ではまったく考え方もやり方も異なるわけです。50代後半の方の再就職とも異なるわけですね。

あとは育児で退職し、再就職をしようとしているブランクの有る主婦なども異なります。

昨今では会社のM&Aや吸収合併、リストラなど環境の変化も激しですね。

それぞれの立場で失敗のない確実な転職活動をすすめていきましょう。




 

職務経歴書についてアドバイスをもらう
(英文レジュメの添削もOK)

 

転職活動の考え方・やり方 関連記事一覧

第二新卒というのは、卒業後に1度就職するも、すぐに退職してしまった方や、卒業後就職せずにアルバイト等で生計を立てていた卒業後2〜3年経過した方達を指します。以前は卒業後何年か過ぎた方は中途者でひとくくりにされていましたが、現在学生の就職率が芳しくないという事もあり、就職できない方、出来たとしてもブラック企業であったがために、早期退職をせざるを得ないケース等が多く見受けられます。そして派遣社員等の期...

結婚した事により生活リズムや環境が変わり、転職を考える方は割と多いのですが、その理由として、住居が変わる事で、通勤が困難になる場合や、勤務時間帯に制約が出てくる事です。更に子どもが出来たとなると、母体の体調を最優先にして働く所を検討していかなければなりません。結婚をきっかけに転職される方で、特に女性の方は注意しなければならないのは、結婚したら妊娠や出産が後々控えてきますので、産休や育児休暇がある事...

結論から書きますが・まず準備を始めましょう、ということ。 すぐに見つかるわけがない、ぐらいのつもりで。 最初は“選択肢をキャッチ”するアンテナを貼るだけで十分です。・子育て中のワーキングマザー、主婦にとって依然、就業についての環境は厳しいですが、確実に状況は改善しつつあります。 ポイントは、数は決して多くない"あなたの事情を理解してくれる企業"に、いかにして巡り合うか。たとえば、就業・求人支援サー...

転職を考えている方の大半は、自分から転職を希望されているケースですが、中には転職したくなくても、会社が倒産したり、事業縮小の為、働く所が無くなり、転職を余儀なくせざるを得ない方もいます。この場合は、職場を見つけるまでの猶予が無い為、失業保険もすぐに支給されるのですが、それでも3カ月から1年弱程という期間限定となりますので、ゆったりとは構える訳にはいきません。反対に焦りすぎても良くありません。ただ、...

転職したいと思って転職される方、そして転職したくないがせざるを得ない状況となったという方、それぞれだと思いますが、親の体調が急に悪くなり、介護が必要になったという理由で仕事先を変えなければならない方も現在増えてきています。今後、1人につき2〜3人の身内を介護しなければならないともされています。今までは、子が親を介護するというのが当たり前とされていましたが、最近では子でも追い付かず、孫も動員して介護...

最近、うつ病等、メンタル面の疾患を持つ方が増えてきています。社会的環境も大いに影響がありますが、長引く不況の上、物はありふれるほど存在し、経済の流れが滞っている状態とも言えます。また、インターネットの普及によりSNSといわれるソーシャルネットワークサービスの利用率が高くなり、これを悪用したいじめや質の悪い動画を流出させたりといったケースが散見されています。過労による体調不良、職場でのいじめ等で心身...

現在、少子化という事もあり、大学への進学率はかなり高くなっている傾向でありますが、家庭の事情や自身の希望により中学、高校卒業後そのまま就職する方も多くいらっしゃいます。就職はひと昔前となれば、学歴が高い方が有利だとされていましたが、現在は必ずしもそうとは限りません。といいますのは、大学進学率が高くなっている今、大卒の方はあふれるほどいる訳ですし、最近では大学院卒業の方も急増しています。したがって、...

20代の転職となると、専門学校、短大、大学を卒業後という事になりますが、最初に就いた仕事をやむなく辞めざるを得なくなり、次の仕事を探すというパターンも多く見受けられます。学校を卒業してから2〜3年以内であれば、新卒同様の扱いで再就職する事が可能となっています。いわゆる第二新卒というのがこれに当たります。長引く不況による就職難から、学生の就職率は90年後半より急激し、それからも下がる一方でした。この...

30代ともなれば、そこそこの社会経験はありますし、中には中堅クラスのポジションで活躍していた経歴を持つ方も多いと言えます。1番の働き盛りの年代ですし、人生の中でも最もお金がかかる年代と言えます。結婚、出産、子どもの進学、マイホームの購入等、何かと出費がかさむ時期ではあります。また、中には親の介護等で、介護費用の出費がかかる方もおります。30代で転職を考えている方は、より収入を得られる所や収入が安定...

40代となれば、30代よりさらに求人の数が減ってきます。また条件の良いところとなれば、ほとんどが管理職としての募集している所となります。大卒で就職した場合、社会人経験も20年近くになりますので、まともに仕事をしておれば、それなりの経験や知識、能力は持っているはずであり、仕事に対するプライドや理念というものも持ち合わせているものです。したがって、管理職として戦力になるのは当然という目で企業側も面接時...

50代過ぎての転職ですが、40代よりも更に求人数は減っていきます。転職の考えている方にとって節目とされる年齢はまず25歳、次に30歳、35歳、そして40歳とされています。求人案件の中で過半数以上は40歳までという所が多いです。40歳を過ぎるとかなり条件の良い就職先か、かなり条件が悪い就職先のいずれかとなります。よほどの事が無い限り転職は考えない方が無難ではあります。人材を育てるといいましても、定年...

60歳を過ぎてからの転職ですが、これは年金が受給できる年齢までのつなぎとして仕事を探す方が大半を示します。若しくは長年管理職を努めてきた方が、引き抜きなどで嘱託社員や会社役員として活躍される方も多いです。ひと昔前は60歳で定年を迎えるケースがほとんどでしたが、少子化の影響により、年金の受給開始年齢を引き上げないと、国の財産が確保できないという事もあり、定年も65歳に引き上げられている状態です。近い...