昨今の転職事情について

近年転職サイト等、転職を勧めるような広告を目にするようになりました。

確かにひと昔前に比べると、転職する率が高くなりました。終身雇用制度が崩壊し、更に少子化による労働人口の減少、そして超高齢化社会を今まさに迎えようとしている現在、国自体もお金に余裕が無くなってきている状態です。

国の財政は、労働者からの税金でやりくりしています。労働者が減るという事は、税金による収入が減少します。更に税金を支払う事が出来ずに、滞納している方も現在多いようです。当然ながら年金の元となる国民年金や厚生年金による国の収入も減少します。そうなりますと、今まで定年を過ぎると必ず一定額支給されていた年金が今後支給されなくなる可能性が高くなってきます。

既に、年金の支給を受けられる年齢は65歳以上となりつつあり、受給額も減らされる傾向であります。現在多くの企業が定年65歳までとなっており、中には定年を設定していない企業も増えつつあります。しかし、中にはいまだに定年60歳である企業も存在します。その場合、60歳以上だと嘱託社員として再雇用をされるケースが多く見られますが、かなりの低賃金であったり、期限付きである場合も見受けられます。また60歳を過ぎると体調を崩す方も増えてきてしまい、働く事が難しい場合もあります。

しかし、年金受給開始年齢が65歳となりますと、それまでの間、何らかの方法で収入を得なければならなくなります。自営業と言う方法もありますが、長年会社勤めで慣れ切ってしまった方がいきなり自営業といってもなかなか上手くいかないのが現状で、かえって出費がかさんでしまう事にもなりかねません。

そのため、出来るだけ早いうちに条件の良い所や需要が多く、安定した職業に就職しようと考え、転職活動を行う方が多くなっています。特に目立っているのが、医療福祉関係の仕事に転職を考えている方が増えているように感じます。常に仕事がありますし、これからの高齢化社会においては最も必要とされる職種だからです。

 

職務経歴書についてアドバイスをもらう
(英文レジュメの添削もOK)

 

昨今の転職事情 関連記事一覧

80年代のバブル期は景気も非常に良く、企業も事業を拡大させる一方である為、労働力もそれだけ必要とされていましたので、求人もかなり多かったです。面接して即採用も当たり前であり、より給与の高い仕事へ就きたいがため、次から次へと仕事を転々としていく傾向が強かったと言えます。そして90年代に入り、バブルが崩壊してから、倒産する会社が続出し、路頭に迷う方が増えてきました。絶対に倒産しないと言われていた銀行や...

現在、転職をされる方が急増しています。バブル崩壊後のリストラや倒産により、転職を余儀なくせざるを得ない状況という訳ではなく、今、仕事を持っていて転職をしようとしているのですが、理由としては、雇用形態や給与形態がバブル直後に比べ悪くなっており、もはや正社員で最初から雇用されるというケースはほとんどないと言っても過言ではありません。現在はバブル崩壊直後程のダメージは無く、徐々に立て直しつつ、景気自体も...

転職先を斡旋している機関として以前からあるのがハローワーク、求人誌となります。現在は、インターネットの普及に伴い、転職サイトが転職先を探す機関としては最もメインとなっているようです。後は派遣会社等です。派遣会社はバブル崩壊後、正社員として雇う余裕はないものの、人材が必要であるといった際、期間限定で雇用契約を結ぶ事が出来る派遣社員を企業に配属させる機関となっています。企業にとって良い人材であれば、正...

インターネットが一般的に普及されている今、日常の生活に無くてはならないものとなっています。パソコンやタブレット、スマートフォン等、インターネットが利用できる端末は増えていく一方です。少し前までインターネットはパソコンが無いと利用が出来なかったのですが、それを考えると現在の世の中は非常に便利になったとも言えます。買い物、お金の入出金、書類の手続き、友達づくりや婚活、そして就職活動等、これらは全てイン...

ブラック企業とは、労働基準法に基づいた労働条件や規定からかけ離れている雇用形態で労働者を働かせている企業を指します。具体的にいえば、連日の長時間労働、低賃金、残業代未払い、そしてセクハラやパワハラといった精神面に対してダメージを与える言動が散見されるようです。よく過労死という言葉を耳にする事かと思いますが、これは労働時間が労働基準法で定められている週40時間若しくは月160時間を大幅に上回り、疲労...

現在これだけ転職、転職と騒いでいると言っても過言ではない世の中、多少気に入らない事があったり、収入がいい所が見つかると、すぐ転職をされる方が多くなっています。しかし転職はかなり労力も体力も消費します。まさにギャンブルともいえ、かなりのリスクを伴う事も少なくありません。転職先が良ければ天国ですが、悪ければ地獄です。もちろん天国か地獄か転職前に分かれば苦労はありませんが、求人票に書かれてある内容だけで...

現在、転職先に選ばれる業界で最も多いのが、医療福祉関係です。最も多く選ばれる理由としてまず挙げられるのが、需要が多い為、いくらでも働き口があるからです。病院の数は減少傾向にあり、閉鎖したり、若しくは入院患者受け入れ数を減らす等の縮小を図っています。その代わりに、特別養護老人ホームやグループホーム、デイサービス等の介護保険施設の充実化を図っています。特にデイサービスやグループホームは急増してきており...

数多くある求人の中で、多い案件として名前が挙がるのが営業職です。医療福祉関係も多いのですが、医療福祉関係はある特定の資格が必要となります。無資格者が応募出来る職種の中では、まさに1番多い職種とも言えます。しかも、給与面をみても決して悪くはありません。むしろ条件が良すぎるくらいです。やはり営業なので、物を販売したり、セールスをする訳であり、顧客が獲得できれば、売上が上がる事は間違いありません。会社と...

現在、数多くある職種の中で、最も応募者が殺到するのはやはり事務職といえます。事務職は大体が平日勤務で土日祝日は休みである事がほとんどです。勤務時間も朝9時ごろから夕方5時ないし6時までとなっており、生活リズムが崩れにくい仕事とも言えます。プライベートや育児等と両立しやすく、1度就職すれば、最も長く務めやすい職種であります。しかし、事務職というのは1つの会社にはあまり数多く必要とはされていません。経...

技術職の求人ですが、求人サイト等で多く見かけるのが、IT関連です。地域ごとにかなり人材に偏りがある傾向があり、主要都市等では、技術者が飽和状態といえるほど多くおりますし、反対に地方都市となれば、技術者がかなり不足している状態であり、いつまで経っても応募者が来ず、ハローワークの求人にずっと掲載されているというのが現状のようです。まず、そういった技術者を育成する機関が少ない上、働きながら取得できるよう...

現在の雇用形態ですが、正社員雇用は減少し、契約社員や派遣社員、パートといった雇用が多くなっています。特にこれから就職をしようとする学生は、中途者より正社員として雇用されるチャンスは十分にあるのですが、競争率がかなり高いというのが現状です。20社、30社受けてもなかなか採用がもらえないという話も珍しくありません。そして卒業を迎え、いまだに就職先が決まらないという方も多いです。そういった場合は、アルバ...

サービス業というのはかなり広範囲の業界に関して使用されており、いわば何かを提供している企業は全てサービス業と言えます。美容師や調理師、介護士、ブティックの店員、娯楽施設のスタッフ、コールセンターのオペレータ、そして宿泊施設や飲食店スタッフなど、全てサービス業に該当します。コンビニエンスストアや量販店のスタッフも同じです。そのため、ただサービス業で働きたいという理由で転職を考えるのは漠然としすぎると...